Inside BuildIt

株式会社ビルディットのデザイナー・エンジニアによるブログです

株式会社ビルディットの採用サイトをつくった話。

はじめまして。八王子のIT企業・株式会社ビルディットの大木です。記念すべき令和が始まった5月1日に入社しました。

前職は医療分野に特化したコンサルティング会社で10年ほど人事採用をやっていました。IT業界は全くの未経験でして、これからいろいろ学習していきたいと思っています。

近々にビルディットにご応募をお考えの方には不慣れな対応があるかもしれませんが、来年にせまる東京オリンピックに倣い、まずはおもてなしの心を胸に刻んで参ります。どうぞよろしくお願いいたします。

 

f:id:miyakmakij:20190517162753j:plain

入社の経緯 ビルディットとの出会い

ビルディットとの出会いは昨年秋でした。

私には小学生と保育園の子供がおり、そして前職の会社までは1時間半強の長時間通勤でした。前職の社内環境はとても良く、自分の好きな仕事でもあり、時短勤務の割りにはやりがいも担保されてはいたものの、1日の3時間以上が通勤に割かれること、子供がいるので朝家を出る時間・帰宅する時間の制限もあり、必然的に仕事に当てられる時間がその分逼迫されることなどから、八王子の自宅近くでもチャレンジングで面白い仕事があればなぁ‥と思っていました。 

ごくたまに求人サイトで八王子で検索する程度のゆるゆるとした転職活動をしていた中で、ふと目に留まったのが「小さなチームの広報をお願いします」という広告コピー。

詳細を開いてみると、「小さなチーム」が表すように、数人の規模と思われる小規模なベンチャー企業で、それがビルディットでした。

画像から見えた数人の会社という設定から、アットホームを通り越した内輪感があるようなイメージを一瞬想像しましたが、募集要項の説明文を読むと、思いのほかしっかりとした分かりやすい文章で会社の価値観や仕事の説明などが書かれていました。

繊細な言葉の選び方・表現の仕方からは、外部の人に自社を理解してほしいという強い意思を感じ、そこに意外さと、文章表現の力を信じて今までやってきた自分との親和性を感じたのをはっきり覚えています。

 

つくり手が幸せな会社。であるために

何度かのカジュアルな面談やトライアルを通して更に感じたことは、自分が理想と思う会社環境のイメージから、ビルディットはそこからさらに一歩先に進んだところにあるようだということでした。

ミッションに対して自分の頭で考え抜くこと、固定的な手法でなくトライアンドエラーすることに寛容的であること、責任の範囲がとても広いこと、それでいてお互い干渉しないようなドライな関係ではなく、あくまでチームワークは大切にしていて、技術や知識の共有などには積極的という面のバランスがとても良いと感じました。

「一歩先」だと感じた理由は、上記に書いた会社の指針一つひとつが研ぎ澄まされていて、それらは魅力的であると同時に、常に自律的なスタンスが不可欠だと思ったからです。

 ビルディットのHPサイトに標榜している「切磋琢磨できる環境」というのは、成長できる環境があると同時に、自分自身がまず自らを磨き続けることが前提となってきます。

常に試されている感覚があるのかもしれない、、という難しさも感じましたが、会うメンバーの方々が非ITの私に対してもあくまで親切に友好的に対応してくれる様子に飛び込んでみようと決めました。

 

ビルディット採用サイト launch!

前職の退職時期の兼ね合いもありビルディットへの入社は5月となりましたが、今年の年始あたりから週1回ほど会社にきて、まずは自社「採用サイト」の新設から携わられていただきました。

それまで採用関連の問い合せフォームも兼ねていたビルディットのコーポレートサイトは、たしかに採用的に見てもビルディットの魅力を打ち出すワードや文章が並んでいましたが、やはり「採用を行っていること」の表明は必要だと思いました。

採用的に打ち出したい事、会社全体としての情報と分けてしっかり発信していくために、まずは採用サイトを作りました。

サイトのデザインはリードデザイナーのuniqさんが他案件で多忙な中で担当してくれました。

前職までにも採用サイトや関連サイトの新設は何度か経験がありましたが、デザイナーさんと直でやりとりをしたことはなく勝手も分からず、「こういうふうにしたい」というイメージがものすごく抽象的だったり逆に具体的過ぎたり、構成の草案に客観的な筋道がなかったりと、uniqさんには多大な手間をおかけしてしまいました。

そんな拙いディレクションでしたが、制作過程でビジュアルを見せてもらうと会社のイメージがばっちり表現されていて、アノ構成案からコレが出来るなんて、デザイナーさんってスゴイ、、とただただ感激しました。

 

そんなこんなでlaunchした採用サイトです。

https://bldt.jp/recruit/recruit.html

 

私がこれからビルディットでやりたいこと

ビルディットのエンジニア・デザイナーのメンバーの多くが、ビルディットに参画したことのきっかけの一つと語ったブログを紹介します。

 

medium.com

medium.com

 

ビルディットの中に入って感じたのは、代表の富田さんが技術者として積み上げてきた技術力やマネジメントも含めた総合的な職能力や、そこから創り上げられた価値観に、メンバーの一人ひとりがそれぞれの立場でそれぞれに共鳴しているのだなということでした。

共感の仕方やポイント、範囲や深さなどはそれぞれ違いはあっても、間違いなくどこかの部分で全員が繋がっている、それを日々感じます。

 その共鳴ポイントが上記2つのブログに集合しているように思うので、ビルディットにご興味をお持ち下さった方にもぜひ読んでいただきたいと思っています。

私はIT業界の知見も技術者の経験も全く無いので、専門的な技術の話は語ることはできないし、「つくること」そのものに強くこだわりたいという肌感覚はそこまで持っていないと自覚しています。

しかしビルディットのようなチームの在り方に私は深い共感を覚えます。そのチームの一員として、チームが持つ価値を波及していくことが自分の仕事だと考えています。

ビルディットという会社組織がメンバーに対してどんな価値を提供しているのか、メンバーがビルディットにたいして供与するものは何か、そしてそれらが社会そのものに与えるインパクトは何か、そんなことを語れることをまずは目標にしたいと思っています。

これから、どうぞよろしくお願いいたします。

f:id:miyakmakij:20190517162901j:plain

 

 

大木 まきこ

f:id:miyakmakij:20190520105253j:plain

 

エンジニア向けインターンシップを実施しました

こんにちは。エンジニアの富田です。

このたび、弊社のエンジニア向けインターンシップに参加してくれた学生さんが、インターンシップの内容を記事にまとめてくださいました。 弊社の活動のご紹介として共有します。

弊社では、随時WebエンジニアやWebデザイナーのインターンシップを受け入れています。 まだ回数が少ないため、インターンシップ内容は個別にカスタマイズしておりますが、概ね100時間程度の作業で、インセプションデッキの作成や作業計画の策定、Issue管理、Pull-Request型の開発、各種レビュー、CIやリリースサイクルの設計や設定など、Webサービス開発のあれこれを経験いただく内容になっております。

リアルな仕事現場を体感していただくために、1-2日の活動ではなく、3週間程度を投下していただくように設計しています。長期休みでないと参加は難しいかもしれませんが、過去には、学校に行った後の平日の夕方から集まっていただき、3ヶ月程度かけてメニューを消化していただいたこともありますので、やり方はこれからもいろいろ磨き込んでいこうと思っています。

もし、弊社でのインターンシップにご関心いただける方は、弊社のコーポレートサイトに設置してあるメールフォームや、もしくは弊社スタッフの知人経由でご連絡ください。(まだ、それくらいの窓口しかなくて、すみません。弊社体制の都合にて、一度に受け入れできるのはごく数名です。あらかじめご了承ください。)

インターンでお邪魔しました

はじめに

こんにちは。cl0wnと申します。情報系の大学の学部1年生です。この度、ビルディットにインターンでお邪魔して、インターン課題をやらせていただきました。

インターンの課題は、簡単な問い合わせ対応システムを作るというものでした。最終的にこういうものになりました。

課題(制作物)の簡単な説明

企業で使われる、製品に対する問い合わせを管理するシステムという設定で開発をしました。 ゲストがフォームで問い合わせを投稿すると、データベースにその問い合わせが保存され、

スタッフは問い合わせの一覧や詳細が見られたり、

自分のスタッフアカウントで対応すると、その画面からゲストにメールが送れたり、コメントが残せたりします。

開発について

流れは以下のような感じでした。

  • Laravelを用いてlaradock上でアプリを開発
  • CircleCIで自動テスト、自動デプロイの設定
  • herokuにデプロイ

感想

世のウェブサイトがエンジニアの努力の結晶なのだということが改めて分かりました。こんなにやってることは簡単なアプリケーションでも、作るのは本当に大変でした。

このインターンシップを通じて、正しいWebアプリケーションの開発の流れを体験することができ、とても勉強になりました。特に、デプロイやCIの設定、テストケースなどは個人開発ではあまり触れない分野だったので、課題のなかで勉強できてとてもよかったと思いました。また、開発環境にlaradockを使うことで、dockerがいかに便利なものであるかに気付くことができました。インターンが始まる前日まで、Laravelを触ったことがなかった私でしたが、総作業時間60時間ほどである程度動くものを作り、与えられた最低限の課題はおわらせることができました。とはいえ、アプリケーションとしてはまだまだで、やらなきゃいけないことが山積みのまま終わってしまい、あともう1ヶ月くらいこの課題に取り組みたかったなと思います。

ビルディットは、もうインターンの受け入れの姿勢からいい会社だなと思っていましたが、本当にやさしい人たちばかりで、期間内にタスクを終わらせることができたのもビルディットの皆様のおかげです。質問できる誰かが近くにいるという体験があまりなかったので、そのありがたさが身に染みて感じられました。

まだまだ未熟な私ですが、ここでの経験を糧にして今後も勉強、開発に励もうと思います。本当にありがとうございました。

八王子のIT勉強会コミュニティ「ゆるはち.it」は、どのように立ち上がったのか

こんにちは。八王子市で株式会社ビルディットというシステム設計・開発会社をやっている、富田といいます。これから会社のブログをやっていくことにしました。弊社のメンバーが適当なタイミングで、会社での取り組みの様子を紹介していきますので、温かく見守っていただけるとうれしいです。

さて、3ヶ月ほど前の2018年8月より、弊社主催にて「ゆるはち .it」というIT勉強会を月例で開催しています。今回は、そのコミュニティの誕生やこれまでの活動に関してざっとした振り返りを紹介します。

なぜ始めたのか

「採用目的ですか?」と聞かれれば、それはもちろん見据える先の一つにそういった目的もありますが、どちらかというともうちょっと身近な価値観「こういう場を持っていった方が、僕らも楽しくやっていけそうよね」が出発点になっています。

八王子で開発会社をやっているというと、「なんでまた八王子で始めたんですか?」といったリアクションをされることがよくあります。たしかに都心にスタートアップが集まっている現状や、人が多いところで創業するメリットも理解しているのですが、僕にとっては「家が近いから」というメリットが一番大きいですし、当事者である僕たちは、八王子でやっていることにはなんら不便を感じていないのですね。むしろランチの選択肢はそれなりにあるし、街ナカはそれほど混雑しないし、もちろん満員通勤電車とは無縁です。ちょっと歩いたら川があったり山があったり公園があったりで、リフレッシュできる自然空間にも近いし、一方で都心へは京王線と中央線でアクセスできる程よい距離感もあります。不便どころか「普段の仕事は八王子で十分だなぁ」と思いながらやっているわけです。(どうして開発会社を始めたのか、の詳細は、以前個人的に medium に書いた記事があるので、ご興味の方はそちらをどうぞ。)

f:id:yosuke_tomita:20181101131023j:plain

いっぽうで、もうすぐ八王子で創業して丸3年になるんですが、なかなか地元や近隣のデザイナーやエンジニアの方とご縁になれないなあということも感じておりました。僕は横浜から八王子に引っ越してきましたし、弊社の他のメンバーは、練馬在住→八王子に引っ越した者や、大宮から通っている者、府中、調布、あとは実家自宅は離れているけれど、八王子市内の学校に通う大学生高専生といったところで、みんな八王子にご縁になったのはここ数年なんですね。元々弊社はコワーキングスペースでの創業ですし、地元のコワーキングはいろいろと顔を出していたものの、なかなか地域のクリエイターの方と仲良くなる機会をつくっていくことができなかったなあ、と顧みています。

また、弊社は、はからずも都心でのスタートアップ企業での勤務経験者が集まっている会社なのですが、数名の小さなチームでやっていることもあり、自分たちの立ち位置を知る意味からも、多少は外部との接点を持っていけたほうが良いよね、という議論は社内でも出ていました。そのような話から「近隣のつくり手の方と接点を持っていくための場を、自分たちでつくっていくのが良いのではないか」という話になり、そんなこんなでfabbit八王子という、八王子にわりと新しくできた場をお借りして、新しいコミュニティを立ち上げてみようじゃないかと、このようになったわけです。

どんな風にやっているのか

こういう取り組みは、始めることよりも続けることの方がずっと大切だし、それは大変な事でもあるとも思っています。なので、続けることが苦しくならないように、できるだけルーチンワークに組み込んでいこうとしています。

弊社では、業務時間の一部を、自身の学習や自己研鑽に充てて良い「もくもく自己研鑽タイム」を運用しているのですが(これの話は、また別の機会に)、月例で、この時間に何をやっていたかを任意で社内シェアする場(もくもく報告会)を設けています。そこで、この社内共有の場で出てきたネタを、もう一揉みして、次回のゆるはちのメインテーマにしていく流れにしています。

これまでの3回では、それぞれ、PWA、データビジュアライゼーション、JavaScriptをテーマにしてきましたが、いずれも前月末に社内でやったもくもく報告会の内容が出発点になっています。社内で一度報告会の場を持っているので、発表者にとってゆるはち発表の準備が負担になりすぎないですし、社内の他のメンバーが同じテーマに乗っかって別の発表を準備する中で、更に当該テーマに関する議論や知見が深まる、良い機会になっているように思います。

f:id:yosuke_tomita:20181030172030j:plain

メインセッションの後にはLTの枠も設けていますが、弊社にきてくれている(あるいは来てくれていた)アルバイト学生さんの人生初LTの場となることも複数回発生しており、これはこれで良い機会がつくれているなあと思っています。LTはトピックフリーで運営していますが、先日の回では、終わったばかりの東京高専高専祭で運営されていた、SlackbotとLINEbotを活用した模擬店と来場者向けの便利ツールの裏側の話を聞くことができ、大変興味深いLTでした。

毎回、スピーカーセッションが終わった後は、カクヤスさんで調達したドリンクと、簡単ながら、地元銘店のケータリングや銘菓を並べつつで懇親の場を用意しています。もちろん開催テーマの話で盛り上がれれば良いのですが、そうでなくても、地元の食べ物があれば話題のタネにはなりますね。

f:id:yosuke_tomita:20181030172120j:plain

開催翌日の朝には、参加実績や開催経費のfactまとめと、KPTでの振り返りをやって、esaに記録しています。前回開催からは、ホワイトボードで来場者の方からもフィードバックをもらうようにしました。少しずつですが、運営も改善を重ねています。

f:id:yosuke_tomita:20181030172326j:plain

こんな風にして、ゆるはちは運営されています。

さいごに

会社ブログの一発目として、最近活動を開始したIT勉強会コミュニティの裏側の話をしてみました。とくに地元や地域の方に届くと良いなと思って書きましたが、これを読んで「ヨッシャ八王子イケてるから移住したろ!」なんて方が現れたら、それはそれで嬉しいですね(いるのか)。ともあれ、どなたかに参考になるところがあれば嬉しいです。

コミュニティの名前を「ゆるはち」としているのも、ゆるくで良いから、地に足をつけて、肩ひじ張らずに続けていこうというメンバーの想いがあります。会場のキャパ的にも、定員はせいぜい25名くらいですが、回を重ねるごとに、少しずつ新しい方にも参加していただけています。数百人が集まるイベントとは、だいぶ趣きが異なると思いますが、ご興味の方とゆるはちでお会いできることを楽しみにしています。お気軽にconnpassのグループページからメンバー登録くださいませ。